Top >  ワキガ治療の方法 >  ワキガ治療法の種類を知る

ワキガ治療法の種類を知る





意外と知られていないかもしれませんが、ワキガの治療法も多岐に渡っています。
今回は、ワキガの治療法の種類をご紹介します。


昔から行われている方法といえば「切除法」。
切除法はワキ毛の生えている部分に沿って、皮膚を皮下組織ごと
単に切り取り除いてしまうという方法です。
確かにワキガの原因となる汗腺類を根こそぎ取り除けますのでワキガを治すには確実でしょうが、
デメリットも多いです。
ワキの皮膚を切り取って縫い合わせるため、当然ワキの下自体に大きな傷跡が残ってしまいます。
さらに、ワキの引きつり、腕のむくみや運動障害などの後遺症が残る場合もあります。
したがって、現在ではほとんど行われていない方法と言われています。


また、新技術も色々と登場していて、代表的なのが「超音波法」でしょう。
超音波法は、ワキガの原因の汗腺を手作業で取り除くのではなく、
超音波を利用して汗腺を破壊し、吸引するという方法です。
超音波法は現在のところ、数あるワキガ手術の中で最先端の技術だけに、
傷跡、後遺症の心配、ワキガ治療の効果、時間の短縮と他の手術より優れた点が多いです。
両腕でも30分でワキガ手術が終わるそうです。
ところが、最先端の技術のため、機器が高く、扱っているクリニックがまだ少ない。
費用も高くなる。
医師が慣れていないため、熱を1箇所にあてすぎてヤケドになるなどのデメリットもあります。
また患者さんに合った最適な出力・周波数というのもあり、
最も医師の技量が問われる方法とも言えます。


その他にも、脱毛用のレーザーを応用した治療法などもあります。
詳しいことは医師のカウンセリングを受けた時に聞くといいでしょう。


ワキガ治療の方法


関連エントリー

ワキガ治療法の種類を知る 病院でワキガ治療をする ワキガ治療の手術を受ける場合のクリニック選び 水虫治療・ワキガ治療、家庭でできる紫外線治療器「UVエミッター」 ワキガ治療の最新情報 ワキガ治療の方法とは? ワキガ治療の薬について ワキガ治療の基本


スポンサードリンク
検索されたキーワード


  • seo