Top >  ワキガ治療の方法 >  ワキガ治療の方法とは?

ワキガ治療の方法とは?





ワキガは直そうと思ってもなかなか直らない厄介なものですよね。
しかし、最近では医学の進歩などにより、効果的にワキガを治療する方法も出てきたようです。


ワキの臭いと汗は、大汗腺(アポクリン汗腺)と小汗腺(エクリン汗腺)という
2種類の汗腺が関与しています。
アポクリン汗腺は主に体毛のある部位の皮下に多く分布し、
粘稠な汗を分泌して下着の黄ばみやわきがの鼻を突く臭いの原因となっています。
アポクリン汗腺から分泌される汗には、脂肪、鉄分、色素、蛍光物質、尿素、
アンモニア等が含まれ、乾燥した後ベトベトしたニカワ状に変化して独特の強烈な臭いを発します。


更に、アポクリン汗腺から出た汗と皮脂腺から分泌された脂分がまざると、
皮膚の表面の雑菌によって分解され、低脂肪酸やアンモニアに変化します。
そしてワカガ臭となるのです。


ワキガを治療するには、このアポクリン汗腺を手術で取り除くしか方法がなく、
切除法、皮下組織削除法、皮下組織吸引法、超音波吸引法などがあります。
しかし、これらの方法では傷跡が残ったり、汗腺を完全に取り除けないなどの問題点があり、
どれも満足できるものではありませんでした。


しかし、現在では「吸引法+皮下組織削除法+高周波で分解」を行うトリプル・トリートメント法
というものがあります。
最初に吸引法として、わき毛の生え際のところに1センチくらいの小さな穴を開けて
細い管を通し、管の先の小さな穴からアポクリン汗腺を強力な吸引器で半分くらい吸いだします。


その他にも色々と方法がありますので、
詳しいことは医師に相談すると良いでしょう。


ワキガ治療の方法


関連エントリー

ワキガ治療法の種類を知る 病院でワキガ治療をする ワキガ治療の手術を受ける場合のクリニック選び 水虫治療・ワキガ治療、家庭でできる紫外線治療器「UVエミッター」 ワキガ治療の最新情報 ワキガ治療の方法とは? ワキガ治療の薬について ワキガ治療の基本


スポンサードリンク
検索されたキーワード


  • seo