Top >  ワキガのレーザー治療 >  ワキガのレーザー治療とは?

ワキガのレーザー治療とは?





ワキガの原因は複数あり、状況によって治療方法を変える必要があります。
最近では、「皮膚切除法」「吸引法」「超音波法」といった多彩な治療法が登場し、
それぞれに特徴があるようです。
今回は、ワキガ治療の一つ「レーザー治療」についてご紹介します。


ワキガのレーザー治療は美容外科で脱毛のときに使われているレーザー治療を応用したものです。
ワキの下にレーザーを照射してワキガの原因となる汗腺を1つ1つで破壊していく治療法です。
以前のレーザー治療では汗腺を完全に破壊するのが困難だったため、
手術してもワキガ臭が残るということがあったようですが、
最近では1つ1つ目視で破壊していくので効果は高いようです。


また、メスを使用しないため、傷跡が残る心配もありません。
スソワキガの方、デリケートな部分の治療でも安心して手術を受けられます。
治療時間は両脇20分くらいで、治療後すぐに帰宅可能です。
激しい運動は控えた方がもちろん良いのですが、翌日より支障なく仕事、学校に復帰できます。


ただしこれも完全にワキガの悩みから解放されるわけではないようです。
しかし、最近では照射面が四角のものもあるのでこの問題は解決されつつありますが、
レーザーは円照射のためどうしても、隙間ができてしまいます。
当然隙間にはレーザーが当たらないため効果は薄くなってしまいます。


詳しい事は、医師に相談してみて下さい。


ワキガのレーザー治療


関連エントリー

ワキガ治療のスマートリポレーザーとは? ワキガのレーザー治療とは?


スポンサードリンク
検索されたキーワード


  • seo